マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition 釧路・道東で独特なラーメン屋。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「本当に、貴女は何歳なの?」

「24歳」

「24歳って、IDの生年月日と合わないでしょう?」


そんなことは、いくらでもあるのが………フィリピンです。



「フィリピン何でも有りだからね〜」

フィリピン在住40年の人がポツリと言いました。






パスポートさえも、手書きなんですね。
入出国スタンプもありますから本物なんでしょう。



フィリピンで未成年の娘と性交渉を持つことは、単なる売春以上に厳しい御法度であります。

15歳未満は言うに及ばず、18歳未満でも金品の授受に関わらず、長期受刑・極刑であります。

要は「売春」でなくても、Hをしただけで重罪なのです。



その娘と関わった証明は、本人の証言や時に体内残留精液や擦過傷や、ホテル関係の目撃や証言となります。

お馬鹿な人は几帳面にもその証拠を、持ち込んだPCやカメラや携帯電話に写真という形で残し、自らを窮地におとしめている人までいます。

「するな!」と言ってるんですから、しなければ良いことです。



未成年者への性的虐待を行なう人を、かばう必要はないことです。

『フィリピン国家警察メール通報サービス』アリです。

お馬鹿な人ほど普段満たされない自己顕示を満たすため、今自分の居る位置情報やホテル情報、犯罪情報をコマメに自身のHP,Weblogで配信するものです。

翻訳Webを潜らせた、URLを示す通報なんて方法で、通報される場合もあるんでしょうね。



連れているご婦人が『未成年者』であると、疑いが掛けられたとします。
当のご婦人が居ない場合や確たる証拠を示さない場合で、運良く警察官がポケットマネー稼ぎでお茶を濁した場合は、「何とも幸せなこと」です?


しかしその場を逃れたとしても『知恵者』が登場して、関係した娘や親などを加えた訴えが行なわれると、事態は一変します。

これは、強制退去・国外追放なんてことはじゃなくて、まず『国外に出れなくなる』わけです。まずとは、「その後国外へ」ではなく、13階段の向こう程度の扱いということです………。

どこで逮捕されるのか? それは『空港警察』イミグレの出国ゲートを抜け、搭乗機のドアが閉まって飛び立つまでが、最終の逮捕可能点です。

問題が発生すれば、出国できるまでの何処でいつ逮捕・拘束されても、おかしくない状況が続いているわけです。



ところで、日本到着後タラップを降りた日本でも『未成年者の人身売買』や『未成年者の性的虐待(性交渉)』に関しては厳しく臨んでいます。

日本国内でも未成年者の性的写真などが見つかれば、その時点で事情聴取されることになります。

渡航先と日本の航空機内は別としても、日本国内に入った途端。手持ちのPCやカメラや携帯電話、CDや外付けハードディスク、ミュージッックプレイヤーなどから見つかれば、自宅に置こうが会社に置こうが、レンタルボックスに入れようが、見つかれば所持しているだけでノックアウトなわけです。



『未成年者』の話はその程度にして、年齢とIDなど証明書類の関係です。

IDというのは、フィリピンではどこでも作れます。
40年ほど前の日本の文房具屋で小切手通帳が売られていたように、キアポでもバクラランにでも行けば、ありとあらゆるIDが揃います。


しかも生年月日などというのは、どうにでも変わります。
2〜3歳の年齢なんて、当たり前に増えたり減ったりすることも有るでしょう。
本当のところは、本人すら正確に判っていない場合すら有るのではないか?
と思っています。
1000万円以上の示談金話しが絡めば、尚のことです。



未成年者でなくとも、フィリピンのご婦人関連では『レイプ』でのセットアップもあります。
ホテルに入れば二人だけが知りえる出来事。

証明は身体に付いた擦過傷や圧迫痕で十分です。過去の日本人に絡んだ事件としては、示談金は1000万円を超えているケースもあります(過去にマカティで発生の事件)。


それじゃ、身に覚えが無いのに、何か有った場合はどうすればいいのか?


ご自分の手元にパスポートがあれば、航空券を変更したり新しく買い求めて、即出国でしょう。


以前書いた『邦人救護プログラム』というのは、逮捕・拘束された場合の話で、当然長期勾留が既に発生しています。

世の中には『ことがここまで至ないと、判らない鈍重な人』もいるものです。


未成年者との性的関係を示す写真をネット上で披瀝します。

「もっと見せろ」と同好者絶賛! でも、うらやましさ転じて、ひがみ・ねたみ・そねみ。身近な人が通報者になるのが世の常です。馬鹿ですね。『自分で災い招いて』どうするのです。



一度逮捕後に野に放たれて、大手を振って歩けるのだから『喉元過ぎた』?とお思いですか?

いいえ!原因や鴨信号はご自分で出しているのです。出国までは判りませんて!















にほんブログ村 旅行ブログ フィリピン旅行へ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lovelovesanta.blog.fc2.com/tb.php/1035-ca591d35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。